鍵紛失をした時は形状の複雑な鍵と交換しましょう

鍵の形状はこんなに多い

鍵によって形状はそれぞれ違い、性能も異なっています。鍵交換を考えている人は、それぞれの鍵について把握する必要があります。ここでは、多くの家で使用されている鍵の形状を紹介するので、鍵交換前にチェックしておきましょう。

一般的に使用されている鍵の形状

ディスクシリンダー
ディスクシリンダーという鍵が、今の日本の住宅で多く使用されています。タンブラーの形状は、丸い皿に穴が空いたような形状でよく見かけることが多い鍵です。鍵がすり減っても、施解錠できますから使いやすいというメリットがあります。ですが、長年利用されている鍵ですから、ピッキングで開けられる可能性が高いので注意してください。
ピンタンブラー
ピンタンブラーも、多くの住宅で使用されている鍵です。タンブラーの形状が、一列に並んでいてピン状になっていることが名称になっています。ディスクシリンダーは2方向に刻みがありますが、ピンタンブラーは刻みが、1方向にしかないというのが特徴です。最近ではピンの形状を複雑にして、ピッキングで簡単に開けられないように改良されています。

なんといってもおススメはコレ!

ドアの鍵穴

鍵交換を考えている人におすすめなものには、ディンプルシリンダーという鍵が挙げられます。この鍵はピンの部分に丸いくぼみがたくさんあるという形状で、そのくぼみを利用することで施解錠が可能です。この鍵は鍵穴が特殊な構造をしているため、ピッキングができないようになっています。今までは上部だけにピンがありましたが、ディンプルシリンダーは左右にもピンがあるため、通常のシリンダーよりも開錠が難しくなるのです。シリンダーの鍵は簡単に空き巣にとって簡単に開けられる鍵でしたが、ディンプルシリンダーではピンの数が多くピッキングの時間がかかるため空き巣犯は諦めます。そのため、防犯目的の人にはこの鍵をおすすめします。

TOPボタン